--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
02.26

春の足音

Category: 我家・出来事
柘植の木の根元の福寿草が今年も咲きました。特に手入れしていないけど、毎年この時期に花が開きます。
福寿草福寿草2
まだまだ寒い日が続いていますが、少しずつ春の足音が近づいています。


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
02.25

寒晒し蕎麦粉販売始めました

Category: 販売商品
寒晒しb
寒晒し蕎麦粉販売始めました。
リンク内ショッピングカートよりお求め頂けます
直接メールホームからのお申し込みも可能です


Comment:0  Trackback:0
2013
02.24

トホホな仕事

Category: 仕事
今日は1日お休みし、家族で買い物に出かけました。夕方帰ると、ビニールハウスが大変なことになっていた。
相当風が強かったのか屋根を抑えるビニールコードが外れグチャグチャになっていた。
こんな状況に思わず唖然
修理が終わったころには、辺りは薄暗くなってました。
Comment:0  Trackback:0
2013
02.17

ひな飾り

Category: 我家・出来事
今日は娘のひな飾りをしました。毎年のことながら「あーだ、こーだ」になりましたが無事飾り付けが終了しました。
                 ひな飾り

       凛々しい表情のお内裏様            穏やかな表情のお雛様 
       お内裏様            お雛様



Comment:0  Trackback:0
2013
02.13

蕎麦粉販売始めました

Category: 販売商品
sobako.jpg
天日干し完全熟成蕎麦粉の販売を開始しました
リンク内ショッピングカートよりお求め頂けます
直接メールホームからのお申し込みも可能です

Comment:0  Trackback:0
2013
02.11

ハウスの中は

Category: 仕事
まだまだ寒い日が続いてますがハウスの中は、初夏の陽気です。
輪菊・小菊の親株から新芽が伸びてきました。ついでに草も伸びてきて、草むしりの仕事が増えました。
親株ハウス
お盆と秋の彼岸に仏花やお墓参り用の切り花として直売所で販売します。

新芽
この新芽が伸びたら3月から挿し芽をします。わが家で年明け最初の繁忙期です。
よい花を咲かせたいものです。
Comment:0  Trackback:0
2013
02.09

玄蕎麦仕上げ

Category: 蕎麦
玄蕎麦の最終仕上げ作業です。
まず、循環式精米機で磨き作業を行います。この作業で蕎麦の実についたゴミ・埃・ヘタなどを取り除きます。
磨き
以前は精米に使用していたが、現在は蕎麦の磨き専用機となっています。
磨き2
上部の容器の中で蕎麦の実が上下に循環しています。

磨き前の蕎麦の実(ゴミやヘタがついています)
磨き前

磨き後の蕎麦の実(ゴミやヘタが除かれ光っています)
磨き後

最後に石抜き作業です。この作業をしないと蕎麦の食感がジャリジャリして最悪です。それだけでなく製粉機を壊してしまうことも・・・過去にやっちゃってます
石抜き

ここまで来てやっと製粉作業に入ります。蕎麦って結構手間がかかるんです。


Comment:0  Trackback:0
2013
02.08

蕎麦打ち部屋

Category: 蕎麦
農作業の合間にチョコチョコ製作していた麺棒掛けが完成、壁に取り付けました。麺棒かけ

今まで麺棒を立てかけていた場所は、出張蕎麦打ち用延し板・小物台等の収納スペースになりました。
収納スペース

Comment:0  Trackback:0
2013
02.06

八ッ場ダム視察

Category:
5日に地元自治会の八ッ場ダムの視察研修旅行に参加しました。昭和22年に発生したカスリーン台風は1000名を超える死者を出し、利根川水系でも甚大な被害を受けたそうです。これを受けて昭和24年利根川改修改訂計画の一環として昭和27年に調査に着手したのがこのダムの始まりだそうです。約60年にわたりこの事業が行われているとは気が遠くなるような話です。

やんば館
最初にやんばという施設にて国土交通省の担当者より説明会が行われました。最終的にはこの施設も水没してしまうそうです。ちょうどダム湖の真ん中位に位置しています。

不動大橋
やんば館より望む不動大橋(湖面2号橋)
民主党政権時にダム中止の報道の中、象徴的にテレビ画面に登場したこの橋も現在県道林岩下線の一部として通行できるようになっていました。橋脚の最上部は標高634mだそうで・・・ン・・・あの〇〇〇ツリーと同じ

やじろべえ
県道川原畑大戸線の一部として建設中の湖面1号橋、やじろべえ工法と言うそうです。

仮排水トンネル
吾妻峡に架かる滝見橋より下流に望む直径8mの仮排水トンネル(ダム建設中川の水を迂回させるトンネル)の入口。この少し下流にダム本体が作られます。
ここのすぐ上流側にはJR吾妻線の鉄橋がある。
JR吾妻線
ちょうど電車が通過しました。3両編成の電車がのどかな雰囲気を醸し出しています。

川原湯温泉新駅
水没してしまう川原湯温泉駅の新駅もホームまで完成、これから駅舎等の建設が行われます。

JR第2橋梁
JR吾妻線の第2吾妻川橋梁、新幹線でも通れそうな丈夫そうで立派な橋梁です。でも単線なんです。

代替地
現在進められている住民の移転代替地道路等の整備の様子。

視察を終えて感じたことは、日本の土木技術のすごさ・・・
しかしながら、鉄道・国道・県道・温泉街・400戸近い住民が湖面に沈んでしまうというこのダム事業の巨大さ、約60年にわたる年月、どれだけ地元住民の方々はこの事業に振り回されてきたことだろう、この事業が本当に人々の為になる事業であってほしいと思う。そして一日も早く地元住民の方々に穏やかな生活が戻ることを願っています。
Comment:0  Trackback:0
2013
02.06

朝起きたら・・・!

Category: 我家・出来事
朝起きたら辺り一面銀世界、今日は外作業は無理かな・・・
雪
我家の2本のしだれも寒そうにうなだれてます。立春過ぎたとはいえ、まだまだ春遠からじといったところです。
Comment:0  Trackback:0
2013
02.04

蕎麦打ち部屋

Category: 蕎麦
1週間ほど前から蕎麦打ち部屋のリニューアルをしていました。隙間風が入る壁にベニヤ板を張り付け、さらにビニールシートを張りました。床は土間の上に一段高くなるように角材の上にコンパネで床板を敷きました。延し板をのせる台も新しく製作、思ってた以上に大仕事になってしまいました。素人大工にしてはまずまずの仕上がりでしょうか
蕎麦打ち部屋
1年ほど前に従兄の大工に頼んで作ってもらった延し板は、厚さ40㎜の桧製の足付、1200×1100のサイズでやたらと重い・・・
Comment:0  Trackback:0
2013
02.02

寒晒し中

Category: 蕎麦
沢水につけ込んで水を吸った蕎麦の実を、寒風にさらしながら適正な水分まで乾燥しています。殻の中の実が凍ったり解けたりを繰り返すうちにあくが抜け甘味が増すと言われています。
天日干し1   天日干し2            
雀の襲来と戦いながら仕上がりを待つ蕎麦の実達

Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。