2013
09.30

鹿沼菜という野菜

Category: 仕事
鹿沼菜の種蒔をしました。鹿沼菜とは元々のご当地の伝統野菜でした。しかし大根・菜の花等と雑交配してしまいました。そこでJA・地元の農業科の高校・大学の農学部の教授・生産農家をメンバーとする鹿沼菜再生プロジェクトを立ち上げ4年目に入りました。その間系統選抜等を行い伝統野菜としての鹿沼菜を再生するまでに至りました。

まず播種機の準備をしました

P9300069.jpg
蕎麦用のベルトをはずしました

P9300068.jpg
細かい種用の穴径3㎜のベルトに交換

P9300070.jpg
管理機に取り付け準備完了です

P9300071.jpg
畑にロータリーを入れ整地中

P9300072.jpg
雨で土が流され一部凸凹が出来てます

P9300073.jpg
播種機に種を入れました、とても小さい種です

P9300074.jpg
ベルトの3㎜穴に3粒程度入ってます

P9300075.jpg
こんな感じで撒き進みました

例年通りであれば12月中旬には収穫できるようになります。

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
09.30

運動会

Category: 我家・出来事
28日(土)に小学校の運動会が行われました。これ以上ないというほど素晴らしい天気に恵まれ、子供達・先生・保護者・地域の方々みんなで盛り上がりました。

IMG_2860.jpg
恒例の応援合戦

IMG_2867.jpg
エールの交換

6年生の息子が白組応援団長を立派に務め上げました。
そういえば30ウン年前自分も応援団長として、当時は高下駄・学ランまで身に着け頑張った記憶がよみがえりました。

IMG_2795.jpg
1.2年生のダンス、1年生の娘も笑顔で元気いっぱい踊りました

IMG_2797.jpg

IMG_2892.jpg
3~6年生のよさこい、中々のもんです

IMG_2891.jpg
普段あまり見せることのないキリリとした真剣な表情で決めポーズ

IMG_2847.jpg
楽しいお昼、妻の力作弁当、さわやかな天気の中美味しく頂きました

フィナーレを飾るのは全校生徒リレー。
息子は絶対リレーで1番になって白組優勝すると言ってました。
それまでの競技ではほんと接戦で、リレーの結果で優勝が決まる展開でした。

IMG_2934.jpg
水色チームの娘の力走

IMG_2949.jpg
白色チームのアンカーとして全力疾走

IMG_2960.jpg
公言通りトップでゴールし白組を優勝に導いてくれました。

IMG_2979.jpg
息子が手にしたかった優勝旗、校長先生から手渡されました。

この優勝旗は自分が6年生の時、当時の校長先生から手渡された優勝旗そのものです。
30年以上の時を経て自分が手にした同じ優勝旗を息子が手にしている姿を見て、カメラのファインダーが少々ぼやけてしまいました。この歴史ある優勝旗・準優勝杯をこれからも後世に繋げていってほしいものです。

今年の運動会のスローガン「笑顔で頑張れ!最後まで!」のとおり28人の生徒達・先生・保護者・地域の方達みんなが最後まで笑顔を絶やさず素晴らしい運動会となりました。

Comment:0  Trackback:0
2013
09.27

運動会準備

Category: 我家・出来事
明日は、子供たちが通う小学校の運動会です。
小学校は複式学級があり全校生徒28名のいわゆる小規模校です。
生徒・先生・保護者そろっての準備です。今年から準備ボランティアを地域に呼びかけたところ17名もの方が準備に参加してくださいました。ほんとにありがたいことで感謝の気持ちでいっぱいです。
明日は子供達の元気いっぱいの声が山々に響き渡ることでしょう。
PTAだけの競技も4種目あります。父ちゃんの頑張りを子供に見せてあげたいと思います。


P9280060.jpg

Comment:0  Trackback:0
2013
09.26

雨続き

Category: 仕事
ここ3日間断続的に雨が続き白菜の定植とネギの仮植が出来ずにいます。困りました。

P9260057.jpg
定植待ちの白菜、虫食いが出てきました。

P9260058.jpg
仮植待ちのねぎ苗、前は畑で育苗してましたが、今年始めて育苗箱に種をまいてみました。
こんなに芽が出るとは思いませんでした。

23日に所用で東京の九段まで行ってきました。久しぶりに東京駅に行ってみました。
友人がステーションホテルで結婚式を挙げて以来で、十数年ぶりでした。

P9230046.jpg

P9230052.jpg
近代的なビルの中でレトロな趣がいい感じです。

P9230054.jpg

P9230055.jpg

確かリニューアルしたと思うんですがどこがどうなったか解りません。
Comment:0  Trackback:0
2013
09.24

地元神社秋季例大祭 その2

Category: 我家・出来事
9月22日(日)に地元鹿嶋神社の例大祭当日を迎えました。
朝8時に集合し最終準備に取り掛かりました。

P9220020.jpg
まずは、のぼり旗を全員で立てました(その為立てる工程の写真がありません)

P9220023.jpg
次に一番大変な大鳥居に昨日作った注連縄を取り付けます

P9220024.jpg
昨日研いた小鳥居にも注連縄を取り付けます

P9220025.jpg
良い出来です

P9220026.jpg
囃子保存会の皆さんが祭りを盛り上げます

P9220028.jpg
神職が到着し玉串などの準備を始めました

P9220029.jpg
神職から幣束を預かり注連縄に取り付けます

P9220037.jpg
小鳥居の飾り付け完了です

P9220031.jpg
大注連縄は脚立に乗って幣束を取り付けます

P9220034.jpg
良い出来です

P9220032.jpg
皆満足そうです

P9220036.jpg
彼岸花も満開です

P9220038.jpg
祠も飾り付けが終了しました

P9220040.jpg
責任総代をはじめ各地区の総代さんも集まりました

P9220042.jpg
神事が始まりました

P9220045.jpg
神職が祝詞をあげています

そんなこんなで当番の仕事も無事務め上げることが出来ました。また7年後です。



Comment:0  Trackback:0
2013
09.23

地元神社秋季例大祭 その1

Category: 我家・出来事
氏子になっている地元の鹿嶋神社の秋季例大祭が行われました。
今年は7年に一度の当番が我が班に回ってきました。前日の準備、当日の運営等12戸で協力して無事行うことが出来ました。

9月21日(土)は朝8時より事前準備を行いました。

P9210001.jpg
まずは全員で神社の境内、社内の掃除を行いました。

P9210002.jpg
元旦の初参り以来でかなり埃などがたまっていました。

P9210003.jpg
地元出身の陸軍大将が書かれた神社のレリーフです。

P9210005.jpg
昨年の当番さんが作って飾り付けた注連縄が1年間の大役を終え取り外されました。

P9210008.jpg
準備の中では一番の大仕事、注連縄作りが始まりました。
前日班の総代さんが注連縄用の藁を、カケヤで打っておいてくれました。

P9210010.jpg
だんだんそれらしい姿になってきました。
P9210011.jpg
最後にケバをハサミで切って仕上げます。

大鳥居用と小鳥居用の2つの注連縄を作りました。

P9210018.jpg
鳥居横の彼岸花でトンボが羽を休めていました。

P9210019.jpg
小鳥居を若手が研いています。きれいになりました。

前日の準備はここまでです。明日残りの準備を行い神事を迎えます。

Comment:0  Trackback:0
2013
09.19

大根種蒔 追記

Category: 仕事
9月12日に種蒔した大根ですが、芽が出たのですがパラパラでした。やはり種が古かったせいでしょうか。
本日新しい種を蒔き直しました。

今日は十五夜です。
雲の切れ間からお月さんが顔を出してきました。
P9190081.jpg

Comment:0  Trackback:0
2013
09.17

台風一過

Category: 蕎麦
京都・滋賀・福井に甚大な被害をもたらした台風18号、我家の蕎麦畑にも爪跡を残しました。

昨日風雨が収まった後、畑の様子を見に行きました。

P9160079.jpg
まだ雲は厚いものの天候は急速に回復していきました

P9160069.jpg
家の斜め前の畑、見事に蕎麦が倒れました

P9160070.jpg
グチャグチャにならず一方向に倒れてくれたのがせめてもの救いです
ここから少しでも起き上がってくれればいいが

P9160071.jpg
家から少々離れた畑の様子

P9160072.jpg
上の写真の畑の一段下の畑、同じ様に倒れてます

P9160073.jpg
ここは一段低くなっている畑、一番成長が早くかなり伸びていた蕎麦ですが、風当たりが弱かったせいか、畝間の水は引いてないものの完全には倒れませんでした

帰りは近くの川沿いを戻りました

P9160076.jpg
通称しょ〇べ〇川と言われ普段は水量が少ないこの川もご覧の通り

P9160077.jpg
上の写真の場所から上流を望む、少し水が引いてきているものの、まだ濁っています

蕎麦の花が咲き始め地区全体が白い蕎麦の花でそれは見事な風景を見せてくれていた畑も悲しい状況に・・・
甚大な被害があったところからすればまだ良いほうかもしれませんが、蕎麦の産地とすれば、やはり悲しいものがあります
Comment:0  Trackback:0
2013
09.16

ぶっつけ(仮屋台奉納)

Category: 我家・出来事
9月14日ぶっつけ(仮屋台奉納)当日を迎えました。
早朝より仮屋台の最終仕上げを行いました。

P9140017.jpg
2~3年物の真竹を1本用意し、ここに7つの提灯をつけます。ホオズキ提灯と呼んでます。

P9140018.jpg
提灯をつけた竹を屋根から挿しこみ斜め前方へ伸ばし固定します。左右に町名入りの提灯等をつけ完成です。

P9140021.jpg
お囃子さん達も到着し太鼓の取り付けも完了しました。

P9140023.jpg
若衆も祭りの正装に着替え集合しました。

P9140028.jpg
囃子が入り間もなく仮屋台の運行開始です。

P9140030.jpg
運行開始後最初に必ず自町の会所に囃子を奉納します。その後、神社に向かい繰り込みの順番を待ちます。

P9140033.jpg
神社の参道には繰り込みを待つ仮屋台が列をなしています。

P9140034.jpg
間もなくの繰り込みを待つ久保町仮屋台

P9140036.jpg
繰り込み後御払いを受け奉納囃子3分を行い所定の位置に屋台を収めます

P9140040.jpg
久保町は第10番(4・9は抜くので実際は8番目)で鳥居をくぐって右手の神楽殿の前に収めました

P9140038.jpg
目の前にはすでに繰り込みを終えた1~8番の仮屋台が並んでいます

P9140041.jpg
本殿横の仮屋台

P9140042.jpg
更に本殿奥の仮屋台

P9140043.jpg
27台のすべての仮屋台が繰り込み終了しました

繰り込み終了すると、神主・各町内の氏子総代・祭典委員長・若衆頭等が本殿にて奉告祭を行います。
その間は神社内もしばし静かな時が流れます。
奉告祭が終了すると1番町から順次囃子が入ります。その後午後5時に提灯の灯入れを行います。

P9140046.jpg
最近は女性の囃子方も多くなりました。中々の腕前です。

P9140048.jpg
音を切らさず一瞬で交代するのも囃子方の腕の内です

午後5時半から一番町の繰り出しが始まりました。一番町が繰り出すと一度囃子を止め手打ち式が行われます。
手打ちの前に、10月の例大祭に繰り込む本屋台に取り付ける繰り込み順番札が神主より拝受されます。

P9140053.jpg
繰り込み順番札拝受の様子、各町若衆頭に神主より拝受されます

P9140054.jpg
久保町に拝受された第10番の札、これを本屋台に向かって左側の柱に取り付けます

P9140055.jpg
手打ち式の様子、各町祭典委員長・若衆頭・木頭が本殿を中心に時計回りに1番町から順次円になり、一番町木頭の合図の元一斉に拍子木を打ちます。静かな境内にカンカンカン・カンカンカン・カンカンカンという鹿沼〆の音が響きます。手打ち終了後2番町から繰り出しが再開されます。

P9140056.jpg
繰り出しの順番を待つ灯入れ後の仮屋台

鹿沼市内の今宮神社氏子は34町ありますが、上組・下組・田町上組・田町下組の4つの組に分かれています。久保町は上組に所属し親町を務めています。神社を繰り出した後は、親町の元それぞれ組単位で行動します。主に大きな交差点に組ごとに集まり、ぶっつけ・手打ち式などを行っています。
ここでいうぶっつけとは、お囃子を競うことを指します。
ぶっつけとは仮屋台奉納行事囃子の競演の二つの意味があります。ややこしいです。

P9140060.jpg
市役所前交差点に上組7台の仮屋台が集結します。

P9140064.jpg
仮屋台を攻め合いながらお囃子の競演を行います。他町の囃子にずらされることなく演奏し続けられるか囃子の腕の見せ所です。本来囃子がづれてしまった町内から屋台を退くというのが習わしだそうですが、現在は時間を決めて行っています。

P9140068.jpg
ぶっつけ(囃子の競演)終了後は、鹿沼締めによる上組手打ち解散式を行い10月の例大祭での再会を誓い、各町内に帰っていきました。

長い一日が終了しその後は酒宴に突入です。家路に着いたのは日が変わる頃でした。








Comment:0  Trackback:0
2013
09.16

仮屋台製作

Category: 我家・出来事
台風の接近で何もできずパソコンの前に一日中座っています。この機会に祭り関係の記事を一気にアップしたいと思います。

9月14日にぶっつけ(仮屋台奉納)が行われました。これは10月に行われる鹿沼市にある今宮神社の例大祭に向け、祭りへの参加と神社への本屋台繰り込みの奉告を行う行事です。今年は市制施行65周年ということもあり氏子34町の中で屋台を所有する27町が仮屋台奉納を行いました。

さかのぼること一週間前の9月8日に私が関わっている久保町では仮屋台の製作を行いました。

P9030060.jpg         P9030066.jpg
ベースのリヤカーに柱を立てます            仮屋台の顔となる飾りの酒樽をのせます

P9090084.jpg   P9090085.jpg
紅白幕を側面に張ります            屋根をのせます

P9140016.jpg
提灯・車隠しの紅白幕・綱などを取り付け、あらかた出来上がりです。あとは9月14日のぶっつけ当日に仕上げます。一週間ブルーシートに覆われて出番を待ちます。


Comment:0  Trackback:0
2013
09.12

有害鳥獣駆除

Category: 仕事
地元猟友会の方から鹿が悪戯しているとのことで箱罠設置の手伝いに行きました。
今は猟期ではありませんが市より有害駆除の許可を得て行っています。

P9120009.jpg
大日本猟友会の帽子をかぶり有害駆除員の腕章をしていきます。

P9120010.jpg
近くのコミュニティセンターで箱罠を借りてきました。結構な重さです。

P9120011.jpg
現場には鹿の足跡が多数ありました。

P9120012.jpg
山から畑に向かって足跡が付いています。

P9120014.jpg
奥の扉近くのテグスを踏むと扉を支えているレバーが外れ扉が閉まる様になっています。

P9120013.jpg
こんな感じに設置完了しました。あとは餌を箱罠の中に置いて終了です。鹿・猪がうまく入ってくれればいいのですが・・・
Comment:0  Trackback:0
2013
09.12

大根種蒔

Category: 仕事
長雨の影響で遅れていた大根の種まきをしました。

P9120002.jpgP9120003.jpg
管理機で畝立て                    その後レーキで畝を整え  

P9120004.jpg
大根の種(少々前の種の残りなのでうまく芽が出るかどうか)

P9120007.jpg
1穴に2粒づつ撒いてみました。

P9120008.jpg
株間は30~40㎝程度(この辺は毎回いたって適当です)、軽く土で覆って終了です。





Comment:0  Trackback:0
2013
09.05

うど切り倒し作業

Category: 仕事
伸びきったうどの切り倒し作業をしました。

軟白うど
4月にはこんなだったうども・・・

放置したままで、うど林になってしまいました。
P9040001.jpg
1本1本ノコギリで切り倒していきました。

P9040002.jpg
軟白うどを作るため蕎麦柄を株元に重ねておきましたが、このまま放置すると根が上がってきてしまうので、蕎麦柄を掘り株元から切りました。

P9040003.jpg
雨の合間を見ての作業でグチャグチャ状態です。

P9040005.jpg
切り取り終わる頃には夕方になっていました。蕎麦柄の中にはミミズが大量に発生してました。あとで集めて堆肥にしようと思います。
来春また軟白うどを作るため木枠できちんと囲いを作ろうと思います。

Comment:0  Trackback:0
2013
09.04

現在の蕎麦畑

Category: 蕎麦
8月9日までに種をまき、8月27日までに畝上げをした蕎麦畑ですが随分と成長してきました。

P9040023.jpg
家の前の蕎麦畑

P9040024.jpg
ここ数日の急な風雨で倒れているところもありました。

P9040025.jpg
この時期の倒れであればそこから茎が起き上がってきます。

今年は全国的にゲリラ豪雨などがあってこれから収穫まで心配です。特に花をつけてから実がなって黒化するまでの期間に倒れてしまうと致命傷になってしまいます。
昨日の埼玉・千葉、本日の栃木県矢板市・地元鹿沼市での竜巻発生など、今年の天気は今まで経験した事の無いような異常気象です。
P9040026.jpg
今日も断続的に雨が降り、今も家の前を怪しい雲が通過しています。
Comment:0  Trackback:0
2013
09.01

森林環境学習参加

Category: 我家・出来事
子供達が通う地元の小学校では、地域の自然を活かした教育に取り組んでいます。
その一環として8月29日に第三回森林環境学習が行われました。
校長先生から会長さんもいかがですかとお誘いを受け、参加してきました。

場所は現在検証中の為工事がストップしている思川開発事業のダム予定地のさらに奥地にある自然保全地です。
水資源機構がダム建設に伴う影響緩和の為整備している大きなビオトープのようなものだそうです

P8290001.jpg
県道でバスを降り徒歩で目的地に向かいます。

P8290003.jpg
山奥に向かう子供達

P8290010.jpg
途中水機構職員より保全地の目的・現在の様子・動植物の様子など説明を聞きました。

P8290017.jpg
目的地周辺で子供たちは仲良し班ごとに虫を捕獲していました。

P8290019.jpg
元々田んぼがあったところに大小2つの池がありその周りも散策しました。

沢山の生き物や植物を観察することができ、子供達もとても楽しく学習できたようです。
最後に捕獲した虫たちを自然に帰しました。
保全地の動植物を持ち帰ること、また外から人為的に動植物を持ち込み放流・植栽することも厳禁です。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top