2014
01.31

里芋洗い

Category: 仕事
2月2日に地元コミュニティセンターで地域活性化を主な目的としたイベントが開催されます。その中で8種類の模擬店を出すのですが、その責任者になってしまい、ここの所仕事になりません。鍋用の里芋を提供することになり、明日の準備に向け芋洗いをしました。

P1310018.jpg
道具は昔ながらの芋洗い棒と漬物樽、木製樽もあるのですが作業中にばらけてしまいそうな位古い物なので諦めました。

P1310017.jpg
こんな感じにガラゴロと回すように前後に動かすと綺麗になりました。このやり方を最初に考えた人はすごいと思います。

P1310015.jpg
娘がやってみたいということでチャレンジ!カラコロといった感じですが、手伝おうという気持ちが嬉しいもんです。

P1310016.jpg
ザル2つ分で約8キロ位洗いました。

明日の準備では、この里芋の皮むき作業が待っています。芋洗いより大変な作業になりそうです。
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2014
01.30

ウチョウラン植え替えの手伝い

Category: 仕事
自分の仕事の合間を見て、妻の実家の手伝いをしています。義父は山野草の店をやっていて、この時期はイワチドリ・ウチョウランの球根の植え替えで猫の手も借りたいような忙しさです。

P1290009.jpg
無菌培養でガラス瓶で育てた球根です。これを一つ一つきれいにばらしていきます。

P1290013.jpg
こんな感じで繊毛みたいなものに包まれていて、ばらすのに結構時間がかかります。

P1290014.jpg
中には新聞の文字位の極小球根もあります。ほとんど胡麻みたいです。

P1290012.jpg
ばらした後の根や葉っぱなど。

P1290011.jpg
綺麗にばらした球根は、この後鉢植えにするそうです。気の遠くなるような作業です。

一日この仕事をしていると、目のかすみ・肩こり・首の筋肉痛・指先の凍えなど体に過酷です。(慣れない作業のせいもありますが)しかし、何時もお世話になっている(特に子供達が)義父の為なるべく時間を作り手伝いに行こうと思っています。


Comment:0  Trackback:0
2014
01.27

日光参拝

Category:
そういえば今年は家族そろっての初詣をしていなかったことに気づき、突然日光に行こうということになり出かけました。

まずは東照宮へ向かいました。平成の大修復中で陽明門は覆われていましたが発見された壁画を見る事が出来ました。

IMG_1310.jpg
陽明門の壁の中から発見された壁画です。
IMG_1313.jpg

IMG_1308.jpg
眠り猫です。本当は眠っていなく静かに獲物を狙っているとも言われてますが、私にはどちらともわかりません。

IMG_1309.jpg
家康公の墓所までは往復400段の階段です。運動不足の体には少々こたえます。

IMG_1316.jpg
東照宮の参道にいたウグイス笛を売っているおじいさんに子供は興味津々、随分昔からこのおじいさんはいるような気がします。案の定買わされました。

P1270008.jpg
手作り感たっぷりのウグイス笛です。日光と書いてある下の竹筒の両端を指で押さえて音色の調節をします。上手に吹くには少々こつが必要です。

IMG_1322.jpg
その後華厳の滝を見に行きました。一部凍結した華厳の滝も中々いいもんです。

IMG_1329.jpg
川魚の塩焼きが好きな息子はヤマメの塩焼きを食べました。

この時期の日光は観光客も少なく寂しい感じもしますが、ゆっくり観光するにはいいかもしれません。温泉・雪遊び・世界遺産めぐりと結構楽しめます。






Comment:1  Trackback:0
2014
01.23

菊親株ハウスビニール張り

Category: 菊栽培
今日は風も少なく穏やかだったので、菊の親株ハウスにビニールを張りました。
使い回しのビニールは少々汚れていますが、もうしばらく使えそうです。

P1230001.jpg
最初に袴用のビニールをパッカーで止めていきます。

P1230002.jpg
ぐるりと袴が取り付け完了です。

P1230003.jpg
屋根を張る前に、屋根を押さえるマイカー線を一気に反対側に送るためロープに結び付けます。

P1230004.jpg
パッカーで仮押さえをしながら屋根用のビニールを張りました。(風が吹かないうちにと、走り回っていたため途中の写真は撮れませんでした)

P1230005.jpg
マイカー線を縛ったロープの両端をもって反対側に送ります。これで一気にマイカー線を反対側に送れました。

P1230006.jpg
マイカー線を針金に縛り屋根用のビニール張が完了です。

P1230007.jpg
最後に出入り口の扉を付けて終了しました。昨年までは扉の片側はヒンジで止めていましたが、ビニールに穴を開けてしまうので今年は2本のパイプで押さえるだけにしました。

時々散水などしながら挿し穂用の新芽を出し育てます。良い新芽が出ますように。




Comment:0  Trackback:0
2014
01.19

梅の木剪定作業

Category: 仕事
梅の木の剪定を行いました。樹木の剪定・家回りの生垣剪定・山の間伐などは農閑期に入る冬場の作業でしたが、鹿沼菜を導入してから週3~4日出荷作業がありここ何年も剪定作業が出来ず、梅も伸び放題になっていました。鹿沼菜の出荷の合間を見ての作業です。

P1180001.jpg
今回使用した道具たち。一番下の長いハサミは近くのホームセンターで生木なら40mmまで切れるとのうたい文句に思わず購入してしまいました。

P1180002.jpg
枝が伸び放題の梅の木。剪定に関しては全くの素人ですので残す枝を考えつつも合っているのかも解らずの作業です。

P1180004.jpg
長いハサミも届かないところは木によじ登りハンドソーでギコギコやりました。

P1180005.jpg
とりあえずそれっぽい形に仕上がりました。

梅の木を挟んだ畑での農作業に支障が出ないようにすることが一番の目的だったので土手沿いに平べったい形になってしまいました。よく「桜伐る馬鹿、梅伐らぬ馬鹿」と言われますが、私の場合「桜伐る馬鹿、梅伐りすぎる馬鹿」になってしまったかもしれません。



Comment:0  Trackback:0
2014
01.16

下水配管修理

Category: 我家・出来事
御勝手から浄化槽までの下水管が詰まってしまったらしく勝手口のマスから排水があふれてしまいました。高圧ホースで水を流しながらつついたりしましたが、詰りが取れず配管自体の修理をしました。さすがに自分では無理なので、PTA会長等の集まりでお世話になっている中学校の会長さんが設備屋さんなのでお願いしました。工事に来た方は地元自治会の知り合いの方で、中学校の会長さんの叔父さんでした。世の中狭いです。

P1160066.jpg
穴掘りすると2本の配管が出てきました。上が風呂場、下が御勝手からの配管で、写真左で合流してます。

P1160068.jpg
還暦過ぎている知り合いの方に穴掘りさせるのは少々心苦しいですが、そこはプロにお任せしました。

P1160072.jpg
配管を途中で切って、マスを新設してもらいました。

P1160073.jpg
ついでに配管を1サイズ太いのに変えてもらうことになり、上流に向かって掘り進みました。

P1160075.jpg
配管が終了しました。横切る細い管は増設した部屋に向かう水道管です。

P1160076.jpg
土を埋め戻し工事完了しました。土の埋め戻し作業は私もスコップでお手伝いしました。

午前中で作業は終了、プロの作業は手際がいいです。「あんまり油っぽいもんは流さねえようにしたほうがいいぜ!」と言いつつ、さっさと片付け去っていきました。職人のカッコいい一面を見させていただきました。
Comment:0  Trackback:0
2014
01.12

今日はどんど焼き その2

Category: 我家・出来事
午前中にお飾りなどの回収を終えると、午後4時ころから点火までの準備を行います。

P1110044.jpg
家から発電機・簡易テーブル・豚汁の材料・お酒などを運び会場にセッティングします。

P1110043.jpg
まだ明るいうちに2台のストーブを窯代わりに、甘酒・豚汁等の準備をします。

P1110046.jpg
豚肉・里芋・白菜・大根・人参・ごぼう・こんにゃく・油揚げ・豆腐・ねぎが入った具だくさんの豚汁です。と言うより、ほとんどごった煮です。ご近所さんたちの希望を聞いているうちに毎年具が増えていき、この数になりました。
2鍋作りました。

P1110049.jpg
辺りが暗くなるころには鍋・甘酒・熱燗の準備も整い、あとは子供やご近所さんたちが来るのを待つばかりです。(豚汁をつまみに熱燗をキュッとやりながら)

P1110050.jpg
午後7時いよいよ点火です。ドキドキワクワクの瞬間です。

P1110054.jpg
風もなく真っ直ぐに天高く燃え上がりました。素晴らしい燃えあがりに5日に準備を手伝っていただいた方達と喜びを分かち合う瞬間です。

P1110057.jpg
しばらく燃え上がる炎を楽しんだ後は、特製豚汁・お酒などを皆さんに振舞いました。豚汁はとても美味しいと言っていただきました。

P1110060.jpg
舞い散る火の粉が、何とも言えない幻想的な光景でした。

その後火が弱くなったころ無病息災を祈りつつ繭玉(団子)を焼いて食べました。周りの人とお互いの団子を分け合い、それぞれの家庭の味を楽しむ事が出来ました。

P1120061.jpg
一夜明けた本日は最後の後片付けです。賑やかだった昨夜とうって変わって、まだ霜が残る中燃え後だけが残されてます。熊手などで燃え後の中から、お飾りについていた陶器製の海老や達磨の底、鈴や針金などを拾い出します。その後燃えきれないで地中に埋まっている杭などを掘り起し、灰や炭などは田んぼに広げます。

P1120062.jpg
最後にきれいに均して年明け一発目の大きな行事、どんど焼きのすべてが終了しました。

今年も、地域の方々・消防団の方々などの協力の元無事終了することが出来ました。下の娘が小学校卒業までのあと5年、どんど焼きの親方稼業が続きますが、子供達や集まってくださる皆さんの笑顔を見ると、よし来年もまたやってやるぞと気持ちを新たにしました。


Comment:0  Trackback:0
2014
01.11

今日はどんど焼き その1

Category: 我家・出来事
本日どんど焼き当日を迎えました。
子供達にとっては楽しみな1日ですが、親にとっては長い一日になりそうです。

P1110036.jpg
最初の仕事は朝一番で繭玉(お団子)を挿すみずきの枝を取ってきました。

P1110037.jpg
その後子供と一緒にご近所を回り、門松・注連飾り・古いお札・大掃除で使われた笹箒などを集めました。

P1110038.jpg
5日に作成したやぐらの中に回収物を入れます。

P1110041.jpg
家に帰ると朝取ってきたみずきの木に、妻が繭玉の花を咲かせていました。

これから7時の点火~消化片付けまで、まだまだ仕事が続きます。
Comment:0  Trackback:0
2014
01.08

どんど焼き準備

Category: 我家・出来事
5日の日に毎年恒例のどんど焼きの準備作業(やぐら建て)を行いました。
ご近所さんたちの協力もあり午前中で完成させることが出来ました。

P1070032.jpg
この作業をしていると道行く人が何をやっているのかと興味深く見ていきます。

P1070033.jpg
毎年小さくしようという意見が出るのですが、今年も例年通り10ⅿ近くの高さになりました。

P1070035.jpg
やぐら先端近くには達磨がぶら下がってます。

11日がどんど焼き当日です。私が子供の頃は15日に行っていましたが、子供達が学校の休みの日に合わせ15日前の土曜日に実施しています。昔も今も子供達にとっては十三夜の藁でっぽうと並び楽しみな2大年行事の一つです。
大人にとってもご近所さんと酒を酌み交わす楽しみな行事でもあります。
Comment:0  Trackback:0
2014
01.02

趣味のカメラ

Category: 未分類
三が日は正月休みということでのんびりしていますが、久しぶりに趣味のカメラを手にしてみました。
7年前娘の誕生をきっかけにシステムをデジタル化しました。現在メイン機種はキヤノン30D、旅行等にはPowerShotG15、ブログ用写真はオリンパスToughを主に使用していますが、前々からどうしても気になって気になって仕方がないカメラがあり、昨年思い切って購入したカメラがあります。
それが

PC30002.jpg
ローライ35です。昔のフィルムカメラでドイツ製造のものです。カメラ・写真が好きな方にはお馴染みだと思いますが、フィルム装填が面倒、巻き上げ・露出もマニュアル、ピントは目測などなど面倒なカメラですが、その操作がとても面白いです。タバコよりも少し大きいくらいのサイズでとても可愛らしいデザインもお気に入りです。出かけるときにはバックなどにちょこっと入れて撮影を楽しんでいます。
久しぶりのフィルムカメラでの撮影でうまく撮れていればいいですが・・・
Comment:0  Trackback:0
2014
01.01

新年に思うこと

Category: 未分類
昨年は祖母が他界するという我家にとって大きな出来事がありました。
それでも、家族一丸となり元気に過ごす事が出来たのも、地域の方々をはじめ沢山の方々のご支援の賜物と感謝しております。おかげさまで家族4人・愛犬2匹と穏やかな新年を迎える事が出来ました。

今年は自分が目指す農業の一つの節目の年と考えています。というのも5か年計画の仕上げの年と位置づけている年です。ただこれで形が決まるわけではなく、これからも新しいものにどんどんチャレンジしていこうと思います。失敗もあるかと思いますが、失敗はは次のステップへの大きな糧となると信じ進んでいきたいと思います。

こんなブログでも訪問してくださる皆様にとって2014年が素晴らしい年になりますように!
Comment:0  Trackback:0
back-to-top