--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
02.28

鉄骨ハウス解体 その後

Category: 仕事
鉄骨ハウス解体作業を始めて約一週間、やっと終わりが見えてきました。

P2280037.jpg
鉄骨の撤去がすべて終了しました。写真中央の骨材は義父から頂いたもので、育苗ハウスを作ろうととって置いたものです。つぶされずに生き残りました。フレコンバックには砕けた屋根材やちぎれたビニールなどが入っており産廃業者の引き取り待ちです。ハウスがなくなり見通しが良くなりました。

P2280038.jpg
こちらも引き取りを待つ鉄骨やらビニールの入っているフレコンバック達です。先代より残された不用品が随分とありましたが、この機会に一掃しました。

随分時間がたってしまいましたが、解体作業もようやくめどが立ってきました。昨日、栃電工で電線に掛っていた倒木を撤去していきました。復旧作業も少しづつ進んでいます。



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2014
02.24

復旧作業

Category: 仕事
我家の復旧作業も少しずつですが進んできました。まだまだかかりそうですが、終わらない作業はないと自分を鼓舞しながらやっています。しかし、生産性のない作業はむなしいものです。

P2240029.jpg
鉄骨ハウスは約半分くらい鉄骨が取り除かれました。今日は散らばった屋根材の片付け作業をしました。

P2240032.jpg
夕方には潰れた洗濯干しハウスに溜まった水抜き作業をしました。

P2240030.jpg
エンジンポンプを使用しくみ出します。

P2240031.jpg
畑に向かって放水。

洗濯干しハウスの再建・倒木の撤去などなど、まだまだやることが山積みです。



Comment:0  Trackback:0
2014
02.20

鉄骨ハウス解体開始

Category: 仕事
昨日、近くで酪農を営む後輩が壊れたハウスを見に来ました。彼は酪農の傍ら解体業もやっており、正式に解体を依頼しました。小学校の近くに住んでいることもあり子供はもう卒業しているにもかかわらず、先日の大雪の後ローダーで体育館前の雪掻きをしてくれたり、頼りになる男です。

P2200025.jpg
アセチレンガスで鉄骨を切っていきます。切った骨材を私がローダーのバケットまで運びます。

P2200026.jpg
使える農業用資材やごみを運びながらの作業で中々はかどりません。

P2200027.jpg
太い骨材も焼き切れます。

P2200028.jpg
落ちた雪が溶けぬかるみ足元の悪い中での作業でしたが、今日一日でここまで解体できました。全体の2/5くらいでしょうか。

片付け終了まであと何日かかるか・・・・・とにかく怪我の無いよう進めていこうと思います。



Comment:0  Trackback:0
2014
02.18

農機具救出 その2

Category: 仕事
農機具救出作戦2日目です。昨日、日没中断していた仮置き場の片付けから始めました。途中で義父と義父の弟さんが現状を聞きつけ手伝いに来てくれました。ウチョウランの植え替えで忙しいのに、大変ありがたく感謝感謝です。そんなことで途中の写真が撮れませんでした。

P2180016.jpg
救出した農機具を片付けた物置き場に移動しました。左からハーベスタ・バインダー・蕎麦磨き用精米機・マルチャー。

P2180017.jpg
残りはとりあえず2台です。奥のグリーンのシートが被っているのは2連鋤きですが重いのとトラクターに付けて運ぶには少々時間がかかるので今日の段階ではそのままです。

P2180018.jpg
知人から頂いた重機?です。日の本のトラクターがベースとなっていて前に排土板、後ろにバケットが付いています。しばらく使用してなかったためバッテリーがあがってましたが、ブースター直結でエンジンをかけ自走できました。

P2180020.jpg
物置小屋横の堆肥置き場に仮置きしました。フレールモアはワンタッチリンクなので、ロータリーを一旦外しトラクターにて移動しました。

P2180021.jpg
農機具ハウスが撤去され平地になりました。

丸々2日かかった農機具救出作戦もやっと一段落しました。明日からは洗濯干し場の再建に取り掛かろうと思います。




Comment:0  Trackback:0
2014
02.17

農機具救出 その1

Category: 仕事
今日から本格的に我家の災害復旧に取り掛かりました。第一弾として潰れた農機ハウスからの農機具救出作戦です。農機具の仮置き場として選んだのは、この雪でも潰れなかった古い物置小屋です。

P2170012.jpg
菊のフラワーネット・支柱・寒冷紗などが無造作に入ってます。

ここの片付け前に、通路の雪掻きから始めました。

P2170008.jpg
深いところで50cmくらい積もってます。写真奥が物置小屋です。

P2170009.jpg
妻と二人でスコップで掘り進めました。午前中で全体の2/3くらい進みました。とりあえず管理機を横から引っ張り出しました。

P2170011.jpg
やっと通路が開通しました。

その後物置小屋の片付けを始めましたが暗くなり途中で終了しました。3日間連続での雪掻きは体にこたえます。豪雪地帯の方達からすれば、まだましなほうなのかもしれませんが・・・慣れない作業ゆえ雪掻きに結構時間を浪費してます。



Comment:0  Trackback:0
2014
02.15

降参

Category: 我家・出来事
昨日からのの雪には本当に参りました。我家でも多数被害が出ました。

P2150001.jpg
洗濯干し場ハウスが潰れました。2月6日にビニールを新しく張り替えたばかりでした。

P2150002.jpg
雪交じりの水が溜まってます。

P2150003.jpg
管理機・バインダー・ハーベスタなどの農機具を入れてあるハウスも無残な姿に。

P2150005.jpg
今回の一番の被害は鉄骨の大ハウスです。完全に屋根が押しつぶされました。しかも妻と周りの様子を見ていた目の前で潰れていきました。

P2150006.jpg
ガラクタばかり入っている古いハウスでしたが、まさかの事態です。運搬機がつぶされそうですが危なくて手が出せません。

P2150004.jpg
柘植の木も倒木寸前。

P2150007.jpg
昨年の台風の時と同じ場所で倒木、電線に掛ってしまいましたが、東電に電話をしても込み合っていてつながりません。切れないことを祈るばかりです。

今回の雪は全国的に被害が出てるようですが、我家でここまで被害が出たのは記憶にありません。何から手を付けたらいいのか・・・まずは雪掻きからしなければ動けません、すでに今日1日雪掻きしへとへとですが・・・。




Comment:0  Trackback:0
2014
02.12

ワカサギ氷穴釣り

Category: 我家・出来事
息子がワカサギの氷穴釣りをしてみたいとのことで昨日福島県の桧原湖に行ってきました。私自身釣りを趣味の一つとしていますが最近忙しくほとんど釣竿を握っていませんでした。特に渓流のフライ・ルアーフィッシングにはまり毛鉤も自分で巻き毎週のように通っていました。ヘラブナ釣り以外はほとんど経験しましたがワカサギ釣りは独身の頃友人とスキーの帰りに群馬県の榛名湖で一度経験しただけでした。今回の釣行は全くの素人・家族4人ということで事前に全てレンタル予約をしました。防寒対策以外は手ぶらです。

P2110015.jpg
レンタルハウスまではスノーモービルに付いたソリで送迎してもらいました。

P2110028.jpg
全面凍結した湖ではいたるところで釣用のテントやハウスが建っていました。

P2110021.jpg
電動リールつき竿をレンタルしました。誘いをかけながら当たりを待ちます。

P2110018.jpg
息子に当たりが来たようです。

P2110019.jpg
釣れました。

P2110025.jpg
釣れない娘は少々飽きてきました。ハウス内はポカポカ陽気でとても快適で早起きした事もあり眠気が襲ってきます。3時間ほど頑張りました。ゴールデンタイムが過ぎるとワカサギも食い渋りなかなか釣れません。釣果は息子6・私5・妻2・娘0となりました。

P2110030.jpg
釣った魚は船宿で天ぷらにしてもらいました。(少しおまけも入ってます)とても美味しかったです。昼食をとって帰路につきました。

息子は楽しかったようでまたワカサギ釣りをしたいと言ってますが、娘は釣れなかったこともありもうしたくないと言っています。私自身は少々はまりそうです。電動リールが付けられる竿を自作しようか検討中です・・・って既にはまってるじゃないか



Comment:0  Trackback:0
2014
02.09

雪の中の出荷準備

Category: 仕事
近くの学校給食の調理場に頼まれている鹿沼菜の出荷準備をしました。
昨日の大雪を見越して前日の7日に不織布をかけておきましたが・・・

P2090009.jpg
畑一面雪で不織布をかけたところの発掘作業から始めました。

P2090010.jpg
手探りでやっと不織布をかけたところを見つけ出しスコップで雪をかき分けました。

P2090012.jpg
不織布をめくると雪の重みで多少潰れたものの元気な鹿沼菜が出てきました。

P2090013.jpg
水洗いをして汚れなどを落とし水切りし収穫終了、明日箱に詰め調理場へ納品します。

明日の給食で汁物の具として出されます。子供達に美味しく食べてもらえたら嬉しいです。
あとは調理師さん達の腕にゆだねたいと思います。



Comment:0  Trackback:0
2014
02.09

大雪の後

Category: 我家・出来事
この所雪の話ばかりですが、昨日は本当に久しぶりの大雪となりました。我家では多いところで40センチくらいの積雪がありました。ハウスの雪落としも2回ほど行いました。今日は一家総出で雪かきです。

P2090003.jpg
犬は喜び庭駆け回り状態です。

P2090005.jpg
下の子は犬のリード引きで戦力外です。

P2090006.jpg
6年生の息子は重要な戦力です。

P2090007.jpg
なんといっても妻の頑張りが一番でした。

P2090008.jpg
昼過ぎには気温も上がり溶けた雪で庭が代掻き後の田んぼのようです。水抜きの溝切をして何とか排水をしました。

豪雪地帯の方からすればこの程度の雪は何てことないでしょうが、我家では久しぶりの大雪に音をあげそうです。


Comment:0  Trackback:0
2014
02.05

雪景色 その後

Category: 我家・出来事
昨日の雪も夕方にはやみ、夜には星が輝いていました。今朝は太陽に照らされ日頃見慣れた景色も一変していました。
道路はカチカチに凍っていましたが子供達は転ぶこともなく2匹の犬をお供に、元気に学校まで歩いていきました。

P2050001.jpg
庭の木賊もお団子をつけたようになっています。

P2050003.jpg
P2050007.jpg
枯れ木に花が咲いたようです。

P2050005.jpg
P2050006.jpg
日頃見慣れた周りの木々達も今朝はお化粧をしたようにいつもと違った表情を見せてくれています。

この所雨も降らずカラッカラに乾燥していましたが程よいお湿りになりそうです。
ただ外作業は出来そうもなく今日は雪景色を窓の外に見ながら、確定申告の準備をしようと思います。
Comment:0  Trackback:0
2014
02.04

雪景色

Category: 我家・出来事
朝からみぞれがぱらつく寒い一日の始まりでしたが、お昼前には完全に雪となりました。予報では夕方にはやむそうですが、随分と積もってきました。

P2040001.jpg
水墨画のような景色です。

P2040002.jpg
遠くも霞んでよく見えません。

ハウスが潰れはしないか、家の裏の木が重みで倒れやしないか、子供達の通学路が明朝凍らないか・・・などなど心配事は尽きません。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。