--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
07.27

菊出荷

Category: 菊栽培
白色の小菊が咲き始めました。他の色が追い付いてきてません。他の色の開花を待っていると咲きすぎてしまうので白色の小菊のみで出荷開始しました。

P7260082.jpg
畑から切り取ってきた白小菊。

P7260083.jpg
下葉を欠き長さを揃え元を水切りします。

P7260084.jpg
フラワー袋に入れます。1袋5~6本入りです。

P7260086.jpg
出荷準備完了しました。このままバケツごと直売所に持参します。

夏休みに入った子供達の手伝いのおかげで、作業がはかどりました。他の色の開花が待たれます。早く本来の数種の色の入った菊を出荷したいものです。
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2014
07.18

猿出没

Category: 我家・出来事
菊の脇芽欠きをしていると、風もないのに山の木が揺れていました。よく見ると1匹のはぐれと思われる猿が木を揺らしていました。何とか一泡吹かせてやらねばと準備していた猿撃退グッズを持ち出しました。

1つは、何年か前に作成したロケット花火発射装置です。
P7180103.jpg
発射装置と言う程ではありませんが、端から順に火をつけて5連射できます。早速、猿に向けてぶっ放すと、取り敢えず山の奥に逃げていきました。ただ、難点は発射時の火の粉を少々浴びること(ガード用の板をつけることで解消できそうです)、乾燥している時は火事の危険性から山に向かって打ち込めないところです。

もう一つは子供の電動ガンです。
P7180104.jpg
BB弾仕様のおもちゃです。射程が短いので、図々しく屋根に座っている時のような近距離の撃退用です。連射モードで打ちまくります。BB弾は自然に戻る生分解性使用です。今回は使用しませんでした。

今回は、たまたま農作業中に猿を見つけたので追い払えましたが、何年か前は買い物に出かけたほんのちょっとの間に群れで襲われトウモロコシが全滅しました。やはりネットを張るなどの対策も必要です。


Comment:0  Trackback:0
2014
07.14

輪菊摘蕾作業

Category: 菊栽培
輪菊の脇芽欠きと同時に摘蕾作業を行っています。小菊は枝ぶりを整える程度ですが、輪菊は1本の幹に1個の花を咲かせるので余計な蕾は欠いてしまいます。

P7140098.jpg
蕾がたくさん付いています。一番上の真ん中の蕾を残します。

P7140101.jpg
指先でポチッと折っていきます。ずんぐりむっくりの私の指では少々厳しい作業です。

P7140097.jpg
欠いた後は1個の蕾だけが残ります。

P7140102.jpg
品種にもよりますが、平均10個くらい取ります。

脇芽欠き同様しばらく続く地味~な作業ですが、良い花を咲かせるには重要な作業です。
Comment:0  Trackback:0
2014
07.08

菊脇芽欠き

Category: 菊栽培
毎年恒例の菊の脇芽欠き作業が始まりました。

P7070095.jpg
随分成長してきました。

P7070092.jpg
葉の付け根から脇芽が出てます。今年もまたこの脇芽との戦いのゴングがなりました。

P7070093.jpg
脇芽を欠いた後の茎と葉の様子。

P7070094.jpg
欠いた脇芽。

この作業が当分の間続きます。顎から汗がしたたり落ちます。
Comment:2  Trackback:0
2014
07.07

草むしり

Category: 仕事
草むしりが農作業の中で一番嫌いと言っても過言ではありません。とは言え里芋の畝間が草だらけで追肥・畝上げに支障をきたすため一念発起草むしりをしました。ここの所の不安定な天気で時折雨の降る中、終わりのない仕事はないと自分に言い聞かせむしり続けました。

P7060088.jpg
もはや草を栽培してる状態です。

P7070091.jpg
約4時間かけて取り敢えず畝上げする部分をむしり終えました。一輪車5台分の草が取れました。

雨でぬかるんでいたものの、かえって土が柔らかく意外とむしりやすかったです。この後追肥畝上げをしたいところですがもう少し乾かないと無理です。半日でいいので晴れてほしいものです。大型台風も発生し最悪日本列島横断とも言われています。心配の種が尽きません。


Comment:0  Trackback:0
2014
07.04

ズッキーニの今

Category: ズッキーニ
6月6日より出荷を始めたズッキーニも1ヶ月がたち随分と丈が伸びてきました。今年は支柱を立て誘引し上に伸ばそうとしましたが、大雨や強風、実や葉の重さに耐えきれず誘引部分から折れてしまうものが発生したため、折れそうなものは誘引を解いて地這いに切り替えました。

P7030081.jpg
誘引部分からお辞儀をしてます。

P7030082.jpg
折れ防止のため誘引を解いて地這いに切り替えました。

P7030084.jpg
早目に地這いに切り替えた株。実を収穫した切り口や下葉の切り口がボコボコと残っています。

P7030080.jpg
真っ直ぐに立っているものはもう暫く上に伸ばしてみようと思います。

追肥の効果も出てきてまた草勢が良くなってきたように感じます。夏作ズッキーニは収穫開始から約2ヶ月の短期勝負です。このままうまくいけば7月下旬くらいまで収穫出荷できそうです。
Comment:0  Trackback:0
2014
07.03

とうもろこしの現状

Category: 仕事
苦労続きのトウモロコシが随分と育ってきました。倒伏防止用の支柱の横パイプが低くなってきたため上げる作業を行いました。

P7030085.jpg
前回取り付けた倒伏防止の横パイプがこんなに低くなるほど成長してきました。

P7030086.jpg
左は作業前、右はパイプを上にあげた状態です。元の位置より40cm程度上にずらし再度誘引テープでパイプに茎を縛りました。

P7030087.jpg
もう片側も同じように行い作業終了です。

これで余程の暴風雨が無ければ実りまで大丈夫のはずです。ただ今年は例年になくおかしな天気が続いているのでまだまだ油断が出来ません。最近、はぐれと思われる猿が1頭出没しています。猿・カラス対策もしなければなりません。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。