2014
12.31

大晦日

Category: 我家・出来事
早いものであと6時間ほどで2014年も終わってしまいます。
年越し蕎麦を準備しました。

DSC_0143_convert_20141231180338.jpg
自前の蕎麦粉の二八蕎麦です。

DSC_0145_convert_20141231180436.jpg
汁は年末恒例の鴨汁です。ネギはこの日のために栽培していると言っても過言ではない下仁田ネギです。鴨を焼いた後に出た油で焼き色を付けました。

DSC_0146_convert_20141231180526.jpg
年越し蕎麦を届けた地元猟友会の方に猪肉を頂きました。にんにくと生姜で炒め焼き肉のたれで味付けしました。脂がのっていて豚肉より美味いです・・・と私は思います。

これから風呂に入り、こいつを肴にビールをキュッといきたいと思います。〆は勿論鴨汁そばで。

今年一年沢山の方に訪問いただき有難うございました。来年もマイペースで綴っていこうと思います。つたないブログですがお付き合いいただけたら幸いです。良い年をお迎えください。
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2014
12.29

餅つき

Category: 我家・出来事
昨日餅つきを行いました。私が子供の頃は臼と杵でついていましたが、今は機械です。しかしながら今の機械は粘りがあり延びの良い餅がつけます。娘が手伝ってくれました。

DSC_0147_convert_20141229205833.jpg
前の晩に研いで水に浸けて置いたもち米を機械に投入し蒸し作業開始です。

DSC_0148_convert_20141229205900.jpg
蒸し上がったらふたを開けつき始めます。蒸し上がったもち米をつまみ食い、これが美味しいのです。

DSC_0145_convert_20141229205711.jpg
表面がツルツルになり付き上がりました。

DSC_0146_convert_20141229205803.jpg
延し板に広げて出来上がりました。

DSC_0149_convert_20141229205937.jpg
2回目は赤色の餅です。食紅を水で溶いて色付けします。

DSC_0151_convert_20141229210016.jpg
こちらも延し板に延して出来上がり。

DSC_0153_convert_20141229210054.jpg
3回目は、お供え用の鏡餅を作ります。仏壇・神棚・恵比寿様などなど15箇所にお供えする2段重ねの鏡餅用です。

DSC_0154_convert_20141229210124.jpg
全て終了しました。もち米5.5升分です。

正月飾りをしながらの作業でしたが、娘の活躍で無事餅つきが終了しました。本日切り作業を行いました。明日手打ち蕎麦と一緒に東京の姉に送ったり、妻の実家に持参したりと、まだまだ年末恒例の仕事が続きます。
Comment:0  Trackback:0
2014
12.25

義父よりSOS

Category: 仕事
山野草の店を営む義父より、ハウスが破けて困っているので修理を手伝ってほしいとの連絡がありました。畑の冬越し支度も終わってない中と思案しましたが、日頃から何かと世話になっているのでレスキューに行ってきました。

DSC_0143_convert_20141225174256.jpg
ハウスのあちらこちらに破けた後が・・・

DSC_0144_convert_20141225174403.jpg
はしごをかけ、破けたところをふさぐビニールを補修テープで張り付けていきました。

DSC_0145_convert_20141225174430.jpg
ハウスの向こうでは、私より先に義父の弟さんが作業していました。お疲れ様です。

DSC_0146_convert_20141225174505.jpg
取り敢えず1棟補修完了です。

もう1棟は2段梯子を伸ばし高所での作業となりました。強風にあおられ吹っ飛んじまうかと思いました。遥か遠くに雲にかかった男体山が見えました。山沿いは間違いなく雪です。冷たい風にさらされながらも何とか補修を終了しました。手間賃代わりにイチゴを頂いてきました。
Comment:0  Trackback:0
2014
12.20

そば柄後始末

Category: 蕎麦
今そば殻の裁断作業をしていますが、天候不順もありあまりはかどっていません。

DSC_0143_convert_20141220173127.jpg
畑に放置された脱穀後の蕎麦柄。

DSC_0144_convert_20141220173202.jpg
裁断機の上部より投入。

DSC_0145_convert_20141220173235.jpg
裁断された蕎麦柄が前方下部から排出されます。

DSC_0146_convert_20141220173311.jpg
かなり細かくなります。この後畑にチラシ、ロータリーで混ぜ込む予定です。

ふと周りを見ると、冬越しの作業を終えたた畑が視界に入ってきました。

DSC_0147_convert_20141220173341.jpg
ロータリー作業終了した畑が・・・

DSC_0148_convert_20141220173410.jpg
こちらは鋤き入れ作業終了した畑が・・・

我が家といえば、まだまだ裁断作業が終わりそうにありません。年内中にロータリー作業を終了し、気持ちよく新年を迎えたいところですが・・・この所の冷え込みで畑が凍ると刃がたちません。気ばかり焦っています。
Comment:0  Trackback:0
2014
12.18

イルミネーション点灯

Category: 我家・出来事
来年2月1日に行われるイベントの会議の後、12月13日に取り付けを行った告知用のイルミネーションの点灯式を行いました。

DSC_0140_convert_20141218224304.jpg
コミュニティセンター入口のイルミネーション。周りが田畑で開けているので、遠くからでも結構目立ちます。

DSC_0142_convert_20141218224339.jpg
入口から正面の屋内スポーツ室前のイルミネーション。イメージキャラクター?も良く光ってます。

今日からイベント当日まで点灯されます。イベントも大いに盛り上がることを期待してます。それまでの準備を考えると頭痛くなりますが・・・取り敢えず頑張るしか有りません。
Comment:0  Trackback:0
2014
12.16

囲炉裏端

Category: 我家・出来事
昨夜地元の飲み仲間たちと囲炉裏端の会を行いました。納屋を改装して造ったそうで、年に何回か集まっています。

DSC_0143_convert_20141216090553.jpg
まずはビールで乾杯です。

DSC_0140_convert_20141216090508.jpg
厚切りベーコン、舞茸のバターしょうゆいため、おでんもどきなどなど。

DSC_0145_convert_20141216090621.jpg
ビールの後は泡盛へとすすみます。

DSC_0146_convert_20141216090650.jpg
手羽、ほっけ、お揚げ、ねぎなどの焼き物と猪と玉ねぎの炒め物。酒も進みます。

DSC_0147_convert_20141216090726.jpg
〆にうどんまで作って満腹になりました。片付け終了後11:30頃解散となりました。

今回は6人での囲炉裏端となりました。囲炉裏は暖も取れ、煮炊きも出来、何よりも囲炉裏を囲み酒を酌み交わし交流を深める場所として素晴らしい日本の文化だと思います。身も心も暖まる時を過ごすことができました。
Comment:0  Trackback:0
2014
12.14

そば打ち勉強会

Category: 蕎麦
今日は投票を済ませてから、地元の蕎麦打ち仲間と勉強会を兼ねて、「栃木のうまい蕎麦を食べる会」の定例会に参加してきました。そば打ち講習会も行われていました。全麺協4段位で地元そば祭りで打っていただいた知り合いの方のそば打ちを近くで拝見させていただきました。

DSC_0140_convert_20141214172952.jpg
水回し、石臼挽き50目通しの7:3だそうです。

DSC_0141_convert_20141214173025.jpg
へそ出し。

DSC_0143_convert_20141214173056.jpg
丸だし。

DSC_0144_convert_20141214173144.jpg
麺棒による丸のし。

DSC_0146_convert_20141214173246.jpg
角だし。

DSC_0147_convert_20141214173317.jpg
肉分け。

DSC_0148_convert_20141214173431.jpg
本のし。

DSC_0149_convert_20141214173515.jpg
たたみ。

DSC_0150_convert_20141214173554.jpg
切り、この方はサウスポーです。

DSC_0151_convert_20141214173625.jpg
パック詰めされた蕎麦は見事にそろっています。

動きに無駄がなく流れるような見事な蕎麦打ちでした。こういう蕎麦打ちを見るたびに自信喪失です。まだまだ修行が足りない自分を思い知らされます。

DSC_0154_convert_20141214173700.jpg
最後に試食をしました。これが本来の目的だったかもしれません・・・(笑)

もりそば、鴨せいろで頂きました。2回おかわりをして、1回目おかわりは大盛りにしてもらいました。それ以外にそばを使ったガッレット?や巻き寿司、漬物なども美味しく頂きました。最後にアツアツの蕎麦湯を飲んでご馳走様となりました。またこういう機会があれば参加したいと思います。

Comment:2  Trackback:0
2014
12.13

イルミネーション

Category: 我家・出来事
来年の2月1日にコミュニティセンターで行われるイベントPR用のイルミネーションの取り付け作業を行いました。地元を盛り上げようという趣旨で始まり、2回目の開催となります。

DSC_0132_convert_20141213174145.jpg
足場にLEDが付いたパネルを取り付け配線中。

DSC_0136_convert_20141213174252.jpg
てっぺんにはお星さま。

DSC_0138_convert_20141213174412.jpg
メインイルミの完成です。

DSC_0137_convert_20141213174332.jpg
もう一つのイメージキャラクター?のイルミは、屋内運動場前のポールに取り付けました。

18日に点灯式を行い来年2月1日までPM5:00~PM9:30くらいまでピカピカと光続けます。フェスティバル当日は、模擬店多数、ステージイべント、地元方々の作品展示、わら細工体験などなど盛り沢山のイベントです。前回以上に大いに盛り上がるよう頑張りたいと思います。
Comment:0  Trackback:0
2014
12.10

こんにゃく加工

Category: 仕事
今シーズン最初のこんにゃく加工を行いました。ご近所さんと2人で地元の農産加工所で行っています。主に直売所販売用です。

DSC_0131_convert_20141209183945.jpg      DSC_0132_convert_20141209184021.jpg
綺麗に掃除したこんにゃく芋と       数分ですりおろし完了です。
水をミキサーに投入、芋に対し
約4倍の水量です。

DSC_0134_convert_20141209184044.jpg      DSC_0136_convert_20141209184106.jpg
すりおろし終了後バットで2時間      その後練り機で粘りが出るま
ほど寝かせます。             で練ります。

DSC_0137_convert_20141209184134.jpg      DSC_0138_convert_20141210114005.jpg
練り上がったところにお湯で溶       バットに移し成形し固まるまで
いた食用石灰を入れます。         1時間くらい置いておきます。

DSC_0140_convert_20141209184231.jpg      DSC_0141_convert_20141209184302.jpg
固まったら棒状に切ります。        鍋に入れ棒状のまま茹でます。

DSC_0142_convert_20141209184329.jpg      DSC_0143_convert_20141209184356.jpg
ある程度茹でたら板状に切ります。     仕上げの茹で作業です。

DSC_0145_convert_20141209184429.jpg      DSC_0146_convert_20141209184501.jpg
茹で上がったら水を張ったシン       冷めた後計量袋詰め。
クで冷まします。

DSC_0148_convert_20141209184527.jpg         DSC_0149_convert_20141209184602.jpg
冷ました煮汁を少々入れ真空包装     販促ラベル・食品表示ラベルを
します。                張り出来上がりました。

今でこそ、すりおろしや練り作業は機械で行っていますが、昔は全て手作業でしていた事を考えると頭が下がります。よく祖母が手をかゆくしながら練っていたのを思い出します。
7kgの生芋で、500g入り55袋出来ました。これから生芋が終了するまで、販売状況を見ながら定期的にこんにゃく加工を行います。楽しみは、茹で上がった直後のまだ熱いこんにゃくを試食として食べるときです。出来たてはとても美味しいです。こんにゃくを作る人しか味わえない楽しみだと思います。

Comment:0  Trackback:0
2014
12.07

大根伏せ込み

Category: 仕事
この所冷え込みが厳しくなってきました。少々遅すぎた感もありますが、大根の伏せ込みをしました。

DSC_0131_convert_20141207165928.jpg
深めの畝を掘り抜いた大根を並べます。

DSC_0134_convert_20141207170046.jpg
葉にかかる位まで厚めに土をかけ終了です。

大根の長期保存法を調べると、葉は切り落として逆さに埋めたほうがいいとありますが、野菜作りの上手なご近所さんに聞くと、「葉っぱなんか付けっぱなしでもくらねーよ(大丈夫だよ)」との事でこの様にしてみました。そもそも、これ程大量に大根を作った事が無かったもので・・・どうなりますやら

面白い大根がありました。娘が男の子だ~!と喜んでいました。
DSC_0133_convert_20141207170003.jpg

Comment:0  Trackback:0
2014
12.06

そば脱穀終了

Category: 蕎麦
本日やっと蕎麦の脱穀が終了しました。本来11月には終了の予定でしたが、11月の最終週は雨続きで今日までずれ込んでしまいました。

DSC_0131_convert_20141206162114.jpg
最後の一束となりました。

[広告] VPS


脱穀終了後ハーベスタの清掃を行いました。

DSC_0132_convert_20141206162152.jpg
外せる外装パーツを外しました。これすべて工具なしではずせます。メンテナンス性は良いです。

DSC_0133_convert_20141206162224.jpg
左側より。

DSC_0134_convert_20141206162255.jpg
右側より。

大きなゴミは手で取ったり、箒で掃きだしたりしました。最後にコンプレッサーでゴミ・埃を飛ばしてきれいにし、外装パーツを組み直し、動作確認をして清掃終了です。その後農機小屋に収納、キャブのガソリンを抜いて作業終了しました。
中古購入の古い機械ですが、メンテナンスさえしてやればよく働いてくれます。まだまだ現役です。
Comment:0  Trackback:0
2014
12.03

そば製粉

Category: 蕎麦
昨日、蕎麦の製粉作業をしました。

DSC_0131_convert_20141203082239.jpg
我家で使用している製粉機は国光社のひかり号にふるい機を連結したものです。スクリュー式ですが石臼に負けない位美味しい粉に挽くことが出来ます。

DSC_0135_convert_20141203082440.jpg
一番上の20目を通らなかった皮が流れてきます。丸抜きしたように皮がむけています。

DSC_0137_convert_20141203082604.jpg
真ん中の受け皿には60目の仕上げ網を通った1番粉が落ちてきます。白くてサラサラして更科粉に近いものです。

DSC_0136_convert_20141203082519.jpg
60目を通らなかった粉が中央に流れ落ちてきます。実の外側に近い部分です。これを、全体で歩留まり70~73%位になるまで挽き込み、1番粉と合わせ完成です。

DSC_0133_convert_20141203082313.jpg
1kgずつ計量し袋詰め。

DSC_0134_convert_20141203082400.jpg
最後に空気を抜きながらシーラーで閉じて商品となりました。

製粉している最中にも、プゥ~ンと蕎麦独特の甘い香りがしてきました。今年は収量もさながら質の良い蕎麦が出来たようです。そば祭りで一度試食はしてますが、早く打って日頃お世話になっているご近所さんにも食べてもらいたいし、自分自身も腹いっぱい食してみたいです。


Comment:0  Trackback:0
back-to-top