2015
08.27

そば畝上げ その後

Category: 蕎麦
蕎麦の畝上げも終盤に差し掛かりましたが、天候不順の雨により思うように作業が進まず遅れています。そんな中、発芽後大雨にぶたれて水浸しになり、芽がダメになってしまった畑の対応に苦慮しています。

DSC_0193_convert_20150827210941.jpg
大雨の影響で、発芽後の芽がまばらの虫食い状態です。取り敢えず畝上後、畝の上に種を蒔き直すことにしました。

DSC_0194_convert_20150827211042.jpg
妻が手蒔きしています。

DSC_0195_convert_20150827211117.jpg
こちらの別の畑はもっとひどい状況です。

DSC_0196_convert_20150827211150.jpg
畝上げ後見てみると、ほとんど蕎麦の姿がありません。

DSC_0197_convert_20150827211220.jpg
畝上げ後、ご近所の知人に借りた手押しの種まきごんべえで畝の上に蒔き直してみました。

もっと早い時期に蒔き直しを決断すればよかったのですが、お盆明けから天候が優れず、畝上げと同時作業となってしまいました。今までこの時期に蒔き直しを行ったのは初めてのことです。発芽はするでしょうが、はたして実になるかどうかはわかりません。うまく実がなってくれることを祈るばかりです。

スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
2015
08.22

そば畝上げ

Category: 蕎麦
昨日からそばの畝上げを始めました。

DSC_0185_convert_20150821185655.jpg
イエロー培土器とラグタイヤの簡単使用。

DSC_0186_convert_20150821185830.jpg
ハンドルには、未発芽部分に種を落とすために種の入ったペットボトルをぶら下げ準備完了。

DSC_0187_convert_20150821185927.jpg
キャップに穴をあけているので、こんな感じで種を落とし足で土をかけます。

DSC_0189_convert_20150821190003.jpg
畝間55センチで、培土器の羽を一杯に広げてぴったりです。

DSC_0190_convert_20150821190034.jpg
畝内には刈り取り時に実がこぼれた麦が芽を出しています。麦は特にいたずらしないのでそのまま一緒に畝上げてしまいます。
約半分終了。

DSC_0191_convert_20150821190132.jpg
1枚目の畑が終了しました。

すべての畑が終了するのに3~4日かかるかもしれません。ひたすら蕎麦の間を管理機とともに歩き続けます。
Comment:0  Trackback:0
2015
08.19

有害獣対策

Category: 蕎麦
そば祭り実行委員会で耕作しているソバ畑にワイヤーメッシュを張りました。関係者4名で約2時間で張り終えました。

DSC_0189_convert_20150819115129.jpg
9日に種まきし発芽しましたが、前日の雨で沢から水があふれ一部流れてしまいましたが、最小限の被害で済みました。

DSC_0185_convert_20150819114839.jpg
一人が土手を草刈し残りの3名で順次メッシュを張っていきました。

DSC_0186_convert_20150819114917.jpg
見にくいですがもともと張ってあるメッシュと連結して手前側に張り進みます。

DSC_0188_convert_20150819115054.jpg
祠に向かって右側はイノシシに土手を壊された所もありましたが何とか張ることができました。

DSC_0187_convert_20150819115018.jpg
祠に向かって左側、同じように奥のもともと張ってあるメッシュと連結しました。

とりあえずイノシシ対策としては一定の効果があると思われますが、シカに対しては正直無防備です。1メートル程度の高さでは簡単に飛び越えてしまいます。状況を見ながら更なる対策をするか検討中です。
Comment:0  Trackback:0
2015
08.16

盆踊り大会

Category: 我家・出来事
14日と15日に予定されていた地元盆踊り大会でしたが、14日は夕方からの雨でグランドコンディションが悪く中止になり、15日のみ行われました。中学校のPTA執行部で傘・記念品・抽選券の配布などの手伝いに行ってきました。

DSC_0185_convert_20150816104406.jpg
開始早々はまだお客さんもまばらです。

DSC_0187_convert_20150816104440.jpg
中学生が中心となってお囃子を奏で、会場を盛り上げてくれました。

1時間ほど過ぎた後は、よさこいを愛好する2グループによる踊りが披露されました。地元のよさこい愛好グループが躍るころには大雨が降ってきました。

DSC_0189_convert_20150816104601.jpg
還暦過ぎたおばちゃんたちが雨をもろともせず踊り続けています。

DSC_0188_convert_20150816104521.jpg
雨脚が強くなって土砂降りの中まだまだ踊り続けています。

DSC_0190_convert_20150816104636.jpg
さすがにもう無理と判断し退散しました。おばちゃんたちに皆脱帽・・・

この後校舎の中でお楽しみ抽選会を行いました。ここ何年かは天気に恵まれた盆踊り大会でしたが、今年はとんだ結果になりました。泥んこ盆踊り大会となりましたが、これもまた夏の楽しい思い出の一つになりました。

Comment:0  Trackback:0
2015
08.09

お墓掃除

Category: 我家・出来事
2日間で蕎麦の種蒔きも終了し、今日はお墓掃除に行きました。

DSC_0186_convert_20150809155915.jpg
草むしりをしてから最後にみんなで石塔を綺麗にしました。子供たちも頑張ってくれました。

我が家のお墓は、寺墓地で本堂の横から山に上がっていきます。中2の息子ががんばって水を運んでくれました。たくましくなったものです。息子が生まれたとき爺様が「墓守ができてよかった」としみじみ言っていたことを思い出しました。ご先祖様も喜んでくれていることでしょう。13日の迎え盆に向けて、これから仏壇の盆飾りなどを行っていきます。
Comment:0  Trackback:0
2015
08.05

そば種まき

Category: 蕎麦
菊の出荷作業をしながら、蕎麦の種まきを開始しました。

DSC_0188_convert_20150805181356.jpg
種まきごんべえ3連仕様です。

DSC_0185_convert_20150805181322.jpg
畝間は55センチです。165センチのロータリー幅で55センチの畝間をとると3連がちょうど良い感じです。

畝上げすることで極力草を抑え、水はけを良くします。畝上しバインダーで刈ることを考えると50センチ以上は畝間がほしいところです。手刈りしてた昔は、爺様がよく畝間は2尺(約60センチ)とれ!と言ってましたけど・・・

DSC_0190_convert_20150805181501.jpg
ほぼ真っ直ぐに蒔けてます。ほとんどの畑が四角でないため、どこを最後にするかで悩みます。

DSC_0191_convert_20150805181529.jpg
播種機の駆動輪がつけた跡の外側にトラクターの前車輪を合わせると、丁度55センチくらいの幅になります。偶然でしたが。

本日で予定の2/3ほど終了しました。天気次第ですが、順調にいけば明日ですべて終了する予定です。
Comment:0  Trackback:0
2015
08.04

菊直売所出荷

Category: 菊栽培
2~3日前から菊が徐々に咲き始めたので直売所に出荷始めました。

DSC_018_convert_20150804191320.jpg
5種類位の色がそろってきました。

DSC_0186_convert_20150804191214.jpg
採取してきた花は、下葉を取り、枝ぶりなどを綺麗に整えます。5~6本で1束作ります。

DSC_0185_convert_20150804191141.jpg
茎の根元を水切りし長さを揃え、ゴム止めし専用の袋に入れ出荷準備完了です。

いつもの直売所に行くと、お世話になっているご近所さんの花や、他の方の花も沢山並んでましたが、2日程度で売り切る様にこまめに出荷していきます。これからお盆までが第一弾の勝負です。
Comment:0  Trackback:0
2015
08.03

用水堀

Category: 仕事
先月末の雨で水量が増した川から、堰を抜けて用水掘りの中にまで砂利が堆積してしまいました。用水掘りの関係者で集まり砂利の撤去作業を行いました。

DSC_0185_convert_20150803090554.jpg
堀の縁近くまで砂利で埋まってしまいました。

DSC_0186_convert_20150803090633.jpg
水門は無事でした。

DSC_0187_convert_20150803091244.jpg
人海戦術でスコップ等で砂利を掻き出しました。

DSC_0189_convert_20150803090922.jpg
途中休憩をはさみ最後の追い込み。

DSC_0192_convert_20150803091322.jpg
約2時間ほどの作業でどうにか水が流れるまでに回復させました。

DSC_0194_convert_20150803091454.jpg
水門を開けて、水を適量流し作業終了しました。

毎年雨の多い時期は同じような作業を何回か行っています。正直きつい作業です。今度の8日はもう1本の用水掘りも同作業を行います。昔は2本の用水掘りから水を引き米を作っていましたが、今は利用している人もわずかです。防火用水としての機能もあるため昔からの組合員で維持管理を行っていますが、やはり高齢化もあり今後の維持管理をどうしていくか検討する必要があるかもしれません。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top