2016
02.29

カーポート改造計画

Category: 仕事
ずっと検討しながらも中々踏み出せなかったカーポートの改造を始めました。勤め人をしていたころ、20年以上前に会社で使わなくなった自転車やバイク用のカーポートをもらってきたものを使用していましたが、最近薪やごみ置き場と化していました。これを片付けて農機具や資材置き場に改造することにしました。

DSC_0218_convert_20160229181440.jpg
ゴミや廃材を片付けると、数年前に花桃を切った時に薪用にとっておいたものが出てきました。

DSC_0219_convert_20160229181517.jpg
とりあえず、すぐ横の空きスペースに移動。

DSC_0214_convert_20160229181319.jpg
この作業だけでほぼ1日かかってしまった。この後雨よけを作る予定です。

DSC_0215_convert_20160229181405.jpg
すっきり片付いたカーポート、雪や風にも負けず20年以上経っても骨組みはしっかりしています。

この後屋根材を取り換え、左右と後を波トタンでふさいで物置小屋にします。トタンを張るための支柱や梁を取り付けなければなりません。目標としては、あと2日くらいの作業で完成させたいです。
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2016
02.27

裏山伐採

Category: 我家・出来事
我家とお隣さんの裏山に大きな杉の木があります。最近の雪害やら風水害により折れて電線に架かるなどの事象がありました。山の持ち主が倒木により電線を切ってしまったり、家に倒れたりしては大変ということで伐採することになりました。我家のさわらも切ってもらう事にして地元森林組合に依頼しました。山の中なら自分で切ることもできますが、電線・家が近いということでプロに依頼する事になりました。

DSC_0220_convert_20160227095135.jpg
我家の後ろの杉。

DSC_0215_convert_20160227095029.jpg
作業道路を作っています。進行方向にある木を進行方向に平行に倒し、よせつつ道を作っているようです。

DSC_0217_convert_20160227095100.jpg
1日目の作業で随分進みました。竹もあってやりずらそうです。掘り進めるうちにタケノコが出てきたそうでいただきました。いつもならイノシシに食べられてしまう芽が出る前の若竹です。アルミホイルに包んで焼くと、茹でたトウモロコシのような甘い香りがしてとてもおいしかったです。今までイノシシはこんな美味しいものを食べていたのか・・・。

DSC_0221_convert_20160227095207.jpg
2日目の状況。少し上り坂になっています。

DSC_0222_convert_20160227095252.jpg
眼下に我家の屋根が見えます。ちょうど真後ろまで来ました。

DSC_0223_convert_20160227095329.jpg
3日目の状況。左下の道路に沿って右にカーブしてます。

DSC_0224_convert_20160227095419.jpg
一番奥でユンボが作業中。

DSC_0225_convert_20160227095457.jpg
ここの立ち位置から左下にお隣さんの屋根が見えます。

DSC_0226_convert_20160227095550.jpg
最後の終点部分の作業をしてます。

今日の午後にでも本格的に伐採作業に入れるとのことです。作業道路に沿って奥の木を切り倒し運び出し最後に道路際の太い木を山側にたおしていくそうです。伐採した木は販売してもらい、経費と差引してもらいます。まあ、確実に持ち出しとなるでしょうが、倒木により電線を切ってしまったり、家を壊してしまうよりはましというところでしょうか・・・。作業員のおっちゃんがとても気さくで良い人で、作業内容や進行状況などこちらの問いに気軽に答えてくれます。最後まで安全作業で無事故で終了することを願っています。


Comment:0  Trackback:0
2016
02.21

雛飾り

Category: 我家・出来事
雛祭りも近くなってきたということでお雛様を飾りました。

DSC_0214_convert_20160221095919.jpg
まずはベースとなる板を組み立て。

DSC_0215_convert_20160221095953.jpg
飾り台を載せていったん終了。

その後近くの加工所でこんにゃく加工の仕事があったため、飾り台が出来たことを妻に伝え外出。
加工終了後帰ると既に妻が飾り付けを完了していました。

DSC_0218_convert_20160221100050.jpg
3段飾りのお雛様です。

DSC_0217_convert_20160221100020.jpg
お内裏様とお雛様。

お雛様を飾ると2月もあとわずか・・・月日の流れがほんと早く感じます。つい最近新年を迎えたと思ったのに。
3月に入れば農作業も本格的に始まります。そこに加え自分が関係する各種団体の総会やらなにやらもピークとなります。
益々月日の流れが早く感じるようになりそうです。

Comment:1  Trackback:0
2016
02.13

梅剪定枝片付け

Category: 仕事
切りっ放しになっていた梅の剪定枝の片付けがようやく終わりました。
イベントやら急な別の仕事などで延び延びになってしまいました。

DSC_0214_convert_20160213103456.jpg
結構がさ張るので積んではロープをかけ締め付け、また積んでは締め付けし、一度にたくさん積むようにしました。

DSC_0215_convert_20160213103533.jpg
あと残り半分くらいです。だんだん太陽が西に傾いてきました。暗くならないうちに終了したい・・・。

DSC_0216_convert_20160213103605.jpg
少し離れた山に捨てました。下には2年前に切って捨てた梅の枝が枯れて残っていました。

DSC_0218_convert_20160213103640.jpg
さいごの1台です。綺麗に片付きました。

暗くならないうちに終了できました。毎年まめに剪定すればこれほど大変ではないのですが・・・学習効果が出てません。
Comment:0  Trackback:0
2016
02.11

フードバレーシンポジウム

Category: 仕事
このところイベントや出用続きであまり仕事の話題がありませんが・・・
9日(火)に上都賀地域フードバレーとちぎシンポジウムというものがありました。農業者と商工・観光業者との交流により、地域農産物の高付加価値化や利用拡大を目指すという開催趣旨のものでした。振興事務所よりパネリストとしての参加依頼があり、地元伝統野菜の鹿沼菜の生産者としての取組等を話してほしいとのことで鹿沼菜の普及に向けてのアピールにもなるということで参加してまいりました。

最初に昼食を兼ねて、私を含めたパネリスト5人、コーディネーター、関係職員と打合せを行いました。

第一部は「地域農産物を活用したおもてなし」の演題で鬼怒川温泉ホテル・サービス部 部長の佐々木真二氏の講演を聞きました。農家との直接取引を進めている話や地元農産物の積極活用の話など興味深い講演でした。

第2部は地域農産物を活用した料理の試食がありました。鬼怒川温泉ホテルの八子弘 料理長が我家提供の鹿沼菜を中心に試食を用意していただきました。

DSC_0218_convert_20160211110245.jpg
鹿沼菜入り春巻き・鹿沼菜入り里芋の鹿の子上げ・鹿沼菜のナムル風お浸し・里芋のニョッキ鹿沼菜入りクリームソース、それ以外にも地元の食材のトマト・蕎麦の実・にら・いちごなどを使った料理を試食しました

DSC_0214_convert_20160211110030.jpg
昨年12月に地元で漬物加工している方に試験的にお願いした鹿沼菜の漬物、しょうゆ・味噌の2種類作っていただきました。期待以上の出来でどちらも美味しくいただきました。

DSC_0216_convert_20160211110113.jpg
ナムル風お浸しと春巻き、特にナムル風お浸しは鹿沼菜の香りシャキシャキ感もあり試食した皆さんに好評でした。ビールがほしくなりました。

DSC_0217_convert_20160211110148.jpg
里芋の鹿の子上げ、ねっとりとした里芋の中に鹿沼菜の食感がアクセントとなりとてもおいしかったです。

DSC_0219_convert_20160211110322.jpg
ニョッキにかかっているクリームソースに鹿沼菜が混ぜられていました。トマトスープも美味しくいただきました。汁物には合う野菜なので洋風・中華のスープにも利用出来そうです。

鹿沼菜の試食がメインとなってしまった感はありましたが、生産者としてはうれしい限りです。どんな料理にも合う万能野菜としての可能性が出てきました。個人的には一番期待していた漬物が期待以上の出来で大満足です。さらに継続的に試験漬けをしてみたいという嬉しい言葉をいただきました。商品化に向けて進んでいきたいと思います。

第3部は一般参加者を含め約60名程度でパネルディスカッションが行われトップバッターとして鹿沼菜の取組状況・今後の展望などを話しました。会場からの貴重なご意見、期待の言葉などいただきました。

今回のシンポジウムを通して沢山の方とふれあい情報交換が出来、自分自身にとっても実のあるシンポジウムとなりました。鹿沼菜も大いにアピールできました。というよりパネルディスカッションではほとんど鹿沼菜の話題になってしまいました。うれしい反面申し訳ないような・・・とは言えこれを契機に他の生産者、関係団体と協力し、さらなる鹿沼菜の普及に向け取り組んでいこうと気持ちを新たにしました。
Comment:0  Trackback:0
2016
02.10

第3回 南摩フェスティバル 開催

Category: 我家・出来事
7日日曜日に第3回目となる南摩フェスティバルが開催されました。
旧南摩村が市と合併し60年ということで60周年記念と題し盛大に行われました。

60周年記念展示 (昭和30年代前後の地区の記録や、写真・物品など)
DSC_0217_convert_20160209102316.jpg    DSC_0214_convert_20160209101850.jpg
左:正面は旧上南摩村生誕の栃木県人としてでただ一人の奈良陸軍大将男爵の銅像や軍服等。
右:関白流獅子舞の獅子頭や当時の写真、一子相伝、家の跡継ぎにしか伝承されなかったそうで、現在は舞える人がいなく獅子頭が保存されています。

DSC_0215_convert_20160209101932.jpg    DSC_0216_convert_20160209102159.jpg
左:俵編み機、今でも使用できます。
右:俵編み機を使って俵を編んでいる当時の写真。

若い人は興味深く、年配の方は当時を懐かしみながら見学していました。これ以外にも一般展示として保育園・小中学生の作品や地元の方の習字・写真・制作物などたくさんの展示物が見る人を楽しませてくれました。


模擬店色々 (地域の方々に出店を依頼、多種多様の模擬店が出ました)

1422861797105_convert_20160209103635.jpg    1454975310867_convert_20160209103704.jpg
左:今年も地元蕎麦打ち部で手打ちそばを提供、12:30には用意した粉がなくなり完売しました。
右:いつもの飲み仲間が石窯ピザを販売しました。

DSC_0219_convert_20160209103738.jpg    DSC_0221_convert_20160209103820.jpg
左:JAの皆さんによるイカ入り焼きそば、販売絶好調で次々に焼いていました。
右:私も所属する猟友会のサンマの塩焼き、少々苦戦中。

DSC_0222_convert_20160209104142.jpg    DSC_0223_convert_20160209103900.jpg
左:猟友会のイノシシ肉の串焼き、こちらは大好評であっという間に売り切れました。
右:猟友会のイノシシ肉入りけんちん汁、肉も柔らかくあったまりました。

DSC_0230_convert_20160209103930.jpg    DSC_0235_convert_20160209104217.jpg
左:フェススタッフによるポークカレー、中学生が大盛アツアツを頬張っていました。
右:フェススタッフによるポップコーン、若い人には人気でしたが少々苦戦。

DSC_0232_convert_20160209104011.jpg    DSC_0233_convert_20160209104101.jpg
左:地元農家のイチゴとちおとめの販売、根強い人気商品です。
右:携帯ストラップなどの小物販売。

これ以外にも、杵つき餅・甘酒・お汁粉・クレープ・カップケーキ・フランクフルト・こんにゃく味噌おでん・綿あめ・ポン菓子などなど、地元の方の協力によりたくさんの模擬店の出店となりました。売上絶好調でニコニコ顔もあれば少々苦戦し苦笑いもありましたが。皆さんそれぞれに工夫し来場者のお腹を満たしてくれました。


イベントステージ (60周年記念ということで力を入れました)

DSC_0220_convert_20160209103132.jpg    DSC_0229_convert_20160209103212.jpg
左:オーケストラによる迫力ある演奏。
右:栃木のプロバスケットボールチーム、リンク栃木ブレックスのマスコット、ブレッキー。

1454921799571_convert_20160209103029.jpg    1454921879110_convert_20160209103059.jpg
左:チアリーダーBREXYによるパーフォーマンス。
右:チアのおねいさんの掛け声に合わせ一緒にみんなで盛り上がり・・・意外と男性のご高齢者が大いに盛り上がり(笑)

DSC_0239_convert_20160209103249.jpg     DSC_0241_convert_20160209103353.jpg
左:チェーンソーカービングの実演。
右:フェスのキャラクターなんまんと福が舞い込むと言われるフクロウを制作していただきました。

これ以外にも地元お囃子会・じもとゆかりの演歌歌手による熱唱・よさこい・フラダンス・バンド演奏などなど会場を大いに盛り上げていただきました。


私自身といいますと、フェススタッフとして昨年のイルミネーション設置から始まり、会場の準備・食材仕入れ・のぼり旗設置・片付け、猟友会メンバーとして前日仕込み、当日は蕎麦打ち部としてそば打ち実演と3足の草鞋をはきました。沢山の方の協力でこのイベントが無事終了することができました。感謝です。またたくさんの来場者の方々にもイベントを大いに盛り上げていただき感謝の気持ちでいっぱいです。来年はどうなるかわかりませんが、反省会で酒でも飲みながらスタッフと大いに語り合いたいと思います。


Comment:0  Trackback:0
2016
02.04

里芋洗い

Category: 仕事
7日の日曜日に行われる地元ベントに、所属している猟友会で模擬店を出すことになりました。
そこで販売するけんちん汁の里芋を提供することになり、芋洗いを行いました。

DSC_0215_convert_20160204175025.jpg
樽に芋と水を入れ、昔ながらの洗い棒でゴロゴロと掻き回します。

DSC_0217_convert_20160204175052.jpg
一旦芋をザルにあけ樽の中の土やごみを洗い出し、また同じ作業を繰り返します。

DSC_0218_convert_20160204175121.jpg
念のため5回ほど繰り返すと土ゴミなどが取れ綺麗になりました。

里芋は洗濯機で洗えると聞いた事がありますが、我が家ではいまだに洗い棒を使用しています。そういえば昔ばあちゃんが池の淵で木製の樽でゴロゴロと里芋を洗っていたことを思い出しました。この洗い棒も何本目かわかりませんが、ばあちゃんも使っていたのかもしれません。昔の道具ほど手入れをしながら大切に使えば長持ちするような気がします。まだまだ現役で活躍してくれそうです。
Comment:0  Trackback:0
2016
02.01

梅の木 剪定

Category: 仕事
雪が降ったりしてなかなか進まなかった梅の木の剪定が終了しました。


DSC_1024_convert_20160130173639.jpg
まるでアフロヘアーのようです。

DSC_0211_convert_20160130173219.jpg
とりあえず伸びすぎた枝をチョキンチョキンと切っていきました。

DSC_0213_convert_20160130173451.jpg
時々脚立の上から遠くを眺めつつ小休止。

DSC_0214_convert_20160130173520.jpg
仕上がりはこんな感じになりました。

DSC_0215_convert_20160130173549.jpg
さてさて、切り取ったこの枝をどこに捨てようか・・・

木の剪定に関してはど素人です。良い実を付けるようにというより、梅の木の両側の畑を耕すときにトラクターに当たらないようにするのが主な目的です。昔は良い梅の実を付けさせ梅干しやカリカリ梅を漬けたり、梅酒を作ったりしました。毎年きちんと剪定しては枝を同じ長さに切って荒縄でまとめて置いて、釜土での煮炊き、薪ストーブや風呂のお湯を沸かす燃料として使用したものです。燃えた後の灰は畑にまいたりしました。何事においても無駄なく利用していました。今では煮炊きはガス、風呂はエコキュート、暖を取るのはエアコンか電気コタツと随分と様変わりです。切った枝の捨て場を探すより原点回帰が必要なのかもしれません。


Comment:0  Trackback:0
back-to-top